about YOGA

Share

ヨガについて

インドからアメリカに渡り、そして日本に渡ってきたヨガ。

なぜか、フィットネスのようになってしまったヨガ。

本来、身体だけではなく内面にも働きかけるヨガが、身体のみを鍛錬し腰痛になったり肩こりに悩まされては、マッサージへ通う。

身体の使い方を間違えなければ、腰痛は改善し、肩こりともおさらばできるはずなのに、本末転倒の自体が起きている。

古典ヨガは、気づきのない部位に気づきを持たせ、日常生活が快適に過ごすことができることが目的です。

インドでは当たり前のように行われていることも、勝手な解釈と共に本質を変えてしまっているのが現状。

ただ見よう見まねで、ポーズをとるのではなく、しっかりとアサナ(ポーズ)の効能を外側に留まらず内側へと届ける、それが本来のヨガです。

見よう見まねのアサナだけでは内臓の活性化、内面の活性化にはなりません。どこにフォーカスを当て、どこに気づきを持つかによって、全く違うものになります。

ヨガのポーズで、身体の痛みや不調を取り除く一歩を踏み出しませんか?