春分の日

Share

毎年「春分の日」という祝日がありますが、この日は「昼と夜の時間の長さがほぼ一緒になる日」だそうです。

そして元々農村部では、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作に感謝をする自然信仰がありました。
その後、仏教が浸透してからは真西に極楽浄土があるという仏教の考えにより、彼岸の頃(春分・秋分)は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、此岸(この世)と彼岸(極楽浄土)が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったといわれています。

ただ見過ごしがちな「春分の日」も、こんな背景がある事を知ると面白いですよね。

アサナ一つにおいても、そこにはアサナ名の由来から背景があるんです。

穏やかで快適な日常生活を送りたいと思う方、古典始めましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です